抗真菌薬を塗り続けたら身体に良くない影響はある?

抗真菌薬としてよく連想されるのは塗り薬であり、特に皮膚に発生する真菌感染症などには塗り薬が処方されることが多くなります。
ただ真菌感染症がすぐに治るということはかなり少なく、完治までには数週間から数ヶ月、場合によっては一年単位で薬を使い続けなくてはならないこともあります。
そのため「抗真菌薬を塗り続けてなにか副作用は無いのか」ということを不安に感じる人もそれなりに多いのですが、実際のところ抗真菌薬を塗り続けて体に対して極めて重大な悪影響が出てくる可能性は小さいと言って良いでしょう。
例えば体質が急に変わって薬を使う度に熱が出るようになる、アレルギー発作が起きるようになるというリスクはゼロではありません。
もちろんこれは抗真菌薬に限った話ではありませんし、実際に発生する可能性としては極めて低いのですが、継続使用によってそうした悪影響が出てくる可能性があることは否定できないでしょう。
しかしそれよりも注意しなくてはならないのが「長期使用によって真菌が耐性を持つことがある」ということです。
この耐性菌の発生は抗真菌薬が普及されるのにつれて報告数が増えてきた問題で、簡単に言ってしまえば「その真菌に対して特定の抗真菌薬の効果が無くなってしまう」という問題です。
このリスクも塗り薬の長期使用に限って発生するわけではありませんが、特定の塗り薬を継続的に利用しても改善が無いというような場合、真菌がその薬剤に対して耐性を持ってしまっている可能性があります。
一種類の薬に対して耐性を持つだけであればまだ良いのですが、そのまま状態が悪化していくと最悪現在使える全ての薬に耐性を持つということもあり得ないわけではありません。
こうしたリスクについては薬を処方してもらう医師に確認するようにしましょう。