ジョギングでジュクジュク水虫に?治療は抗真菌薬

ジョギングが趣味という方も多いのではないでしょうか?
健康の為、また本格的なフルマラソンに参加する為などの理由で始める方が増えています。

健康的な趣味の1つといえるジョギングですが、実はある皮膚病を招いてしまう原因と考えられています。
その皮膚病とは「水虫」です。

水虫は白癬菌というカビの1種が、皮膚の角質層に感染する事で起こります。
カビといえば湿気の多い場所に、生えるというイメージがありますが白癬菌も温度と湿度が高い場所を好みます。
ジョギングをしていると、どうしてもシューズの中は汗で蒸れがちです。
湿度が上がったシューズ内では、白癬菌に感染しやすい状態となっているので、水虫になりやすいのです。

水虫になってしまうと、辛い症状に襲われるようになります。
タイプによって症状には違いがあり、足の指と指の間がジュクジュクとなるものは「趾間型水虫」と言われます。
患部がジュクジュクとただれたように皮がむけたり、かなり強い痒みを感じるのが特徴です。
またジュクジュク水虫の場合、足の臭いがきつくなる傾向にあります。

これは白癬菌が原因ではなく、白癬菌に感染しやすい足の状況から起こると考えられます。
水虫は汗をかき蒸れると発症しやすい皮膚病です。
すると、白癬菌だけでなく他の雑菌も繁殖しやすい環境となっており、これが原因で足の臭いがきつくなるのです。

このような症状を感じたら、抗真菌薬による治療を受けましょう。
抗真菌薬は白癬菌をはじめとする、カビにのみ作用する成分が含まれています。

足の指の間に症状があるという場合、外用薬の抗真菌薬による治療が一般的です。
外用薬を塗る際は、患部だけでなく症状が出ていない部分にも、しっかり塗り込む事で水虫の治りを早めると言われています。