ジョギングでジュクジュク水虫に?治療は抗真菌薬

ジョギングが趣味という方も多いのではないでしょうか?
健康の為、また本格的なフルマラソンに参加する為などの理由で始める方が増えています。

健康的な趣味の1つといえるジョギングですが、実はある皮膚病を招いてしまう原因と考えられています。
その皮膚病とは「水虫」です。

水虫は白癬菌というカビの1種が、皮膚の角質層に感染する事で起こります。
カビといえば湿気の多い場所に、生えるというイメージがありますが白癬菌も温度と湿度が高い場所を好みます。
ジョギングをしていると、どうしてもシューズの中は汗で蒸れがちです。
湿度が上がったシューズ内では、白癬菌に感染しやすい状態となっているので、水虫になりやすいのです。

水虫になってしまうと、辛い症状に襲われるようになります。
タイプによって症状には違いがあり、足の指と指の間がジュクジュクとなるものは「趾間型水虫」と言われます。
患部がジュクジュクとただれたように皮がむけたり、かなり強い痒みを感じるのが特徴です。
またジュクジュク水虫の場合、足の臭いがきつくなる傾向にあります。

これは白癬菌が原因ではなく、白癬菌に感染しやすい足の状況から起こると考えられます。
水虫は汗をかき蒸れると発症しやすい皮膚病です。
すると、白癬菌だけでなく他の雑菌も繁殖しやすい環境となっており、これが原因で足の臭いがきつくなるのです。

このような症状を感じたら、抗真菌薬による治療を受けましょう。
抗真菌薬は白癬菌をはじめとする、カビにのみ作用する成分が含まれています。

足の指の間に症状があるという場合、外用薬の抗真菌薬による治療が一般的です。
外用薬を塗る際は、患部だけでなく症状が出ていない部分にも、しっかり塗り込む事で水虫の治りを早めると言われています。

気密性が高い住宅での頭皮は抗真菌剤入りシャンプー

気密性が高く、日光が当たらないと、湿気が多くカビが生えやすくなります。最近の住宅は、昔の木造住宅と異なり日当たりが良くても気密性の高いマンションなども多く、湿度の高い日本ではカビが生えやすい状態になりがちです。エアコンにカビは発生しやすく、免疫力が低下している場合、真菌症を発症しやすくなります。冬でも寝室に結露などが生じて布団や枕などの寝具の内側にカビができることがあります。すると、脂漏性皮膚炎を起こす真菌を増殖させます。
脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌が多い場所にできる皮膚炎です。皮脂には、皮膚や髪の毛を保護したり潤す働きがあるのですが、皮脂の分泌が多すぎると、ニキビや皮脂に含まれる脂肪酸の酸化物ができるなどします。脂漏性皮膚炎は、炎症が起こり地肌が赤くなり痒くなります。皮膚が剥がれることもあり、頭皮にできるとフケがたくさん出るようになります。脂漏性皮膚炎は、皮膚や頭皮にカビの一種であるマラセチアという常在菌が原因で起こります。皮脂や汗が増えると、それらを餌にし、増殖するものと考えられています。症状が出やすいのは鼻の周辺や頭皮ですが、背中や胸に出る人もいます。頭皮の場合は、男性では脂漏性脱毛症と併発することが多く、女性では髪の毛が細くなるなどの症状が出ます。
脂漏性皮膚炎の治療には抗真菌薬が用いられます。頭皮の場合には、抗真菌剤の入ったシャンプーの使用が勧められます。病院以外でもドラッグストアでも最近は抗真菌剤入りシャンプーは手に入ります。
脂漏性皮膚炎の予防や改善のためには、皮膚や頭皮の洗浄に気をつけることも大事です。また、紫外線は症状を悪化させる原因となるため、日傘をさしたり帽子をかぶりましょう。ただし、気密性が高いと蒸れてしまい逆効果になるため、帽子をかぶる際には風通しが良いものを選びましょう。

水虫の予防は食べ物や洗濯で、治療は抗真菌薬を活用

水虫はかなり激しい痒みを伴う皮膚病です。
また、白癬菌というカビで発症するという事もあり、できるだけ水虫になりたくないものです。
白癬菌の感染を防ぐ為には、皮膚を清潔に保つ必要があります。
皮膚に白癬菌がついたからといって、すぐに水虫を発症する事はありませんが、長時間皮膚に付着していると角質層にまで入り込み、水虫となってしまうのです。

一般的に皮膚に白癬菌が付着してから、24時間程度で皮膚の角質層にまで感染すると言われています。
ですので、1日に1回は肌を洗い流しましょう。
特に水虫になりやすい足の裏と、指の間は念入りに洗いたいものです。

また、食べ物でも予防できると言われています。
皮膚の免疫力が低下してしまったり、新陳代謝が落ちると白癬菌をはじめとする、菌に感染しやすくなります。
肌に良い食べ物を意識して補い、肌の調子を整える事によって水虫予防に繋がるのです。
ビタミンCやビタミンA、ビタミンEは肌の免疫力、新陳代謝を高める栄養素です。
これらの栄養素を含んだ食べ物を、食べる事によって水虫になりにくくなるかもしれません。

また、家族に水虫患者がいるという場合、バスマットなど足が触れるものは頻繁に洗濯しましょう。
白癬菌は洗濯する事によって洗い流されます。
洗濯した事によって洗濯層の中で、白癬菌が増殖するという事はありません。

もし、予防を行っていても水虫になってしまったら、抗真菌薬で治療します。
皮膚に症状が出ている場合は、抗真菌成分を配合した塗り薬で治療する皮膚科がほとんどです。
抗真菌成分によって白癬菌を死滅させ、水虫を完治させます。
1日1回、塗り薬を患部や患部の周りに塗るだけですので、治療は難しくありません。

増殖型の抗真菌に効く薬は口コミで選びましょう

増殖型の抗真菌は厄介です。水虫と呼ばれており、治療をしないとどんどん増殖型の抗真菌が肌を荒らしてしまいます。この増殖型の抗真菌に効果がある商品は沢山ありますが、実際に使用してみて効果があるかどうかは商品と使用する方の相性次第です。実際に使用しないと効果が出るかどうかわからないので、あれこれ購入して試してみても、中々効果が出てくれず、費用ばかりが発生してしまう事になります。こうなると購入している方のみが損をしてしまうので、とても困った点です。最初から効果が出やすい商品を選ぶのなら、口コミ情報を参考にしましょう。こういった商品は確かに実際に利用しないと効果についてはわかりませんが、実際に商品を使用して試した方が口コミ情報を載せている場合が多いです。口コミ情報なら、実際に試した方の情報をチェックする事が出来る為、効果が出にくいような人気が低い商品と、効果が出やすい人気が非常に高い商品をすぐに調べられます。人気が高いような商品は、多くの方が使用して効果が出てくれたという事になる為、初心者の方が選んでも効果が出てくれる可能性が高いです。少し価格が高い場合もありますが、何回も商品を購入し直して自分に合った物を探すよりも費用を安く抑える事が出来る可能性が高いので、先に人気等を調べておきましょう。口コミ情報は、インターネットを利用する事で簡単に調べられるようになっています。無料で調べられる所が多い為、調べてもデメリット等も無く、安心して情報を集める事が出来るようになっています。なるべく口コミ情報で人気が高く、評判も良い商品を選んで、余計に発生する費用を抑えるようにして損をしないように注意しましょう。

女性に増えてる水虫は抗真菌薬はレーザー治療で完治

水虫といえば「おじさん」がかかる皮膚病と、思っている女性も多いのではないでしょうか?
実は最近、女性の水虫患者が増加しています。

水虫は白癬菌というカビの仲間が、皮膚の角質層に感染する事で起こる皮膚病の1つです。
この白癬菌は湿度の高い場所を、好む性質があります。
おじさん、いわゆるサラリーマンは仕事で長時間、通気性の悪い皮靴を履いている事が多く、足が蒸れやすい事から水虫を発症しやすかったのです。
このような事から水虫は、中年男性に多い皮膚病と思われてきました。
しかし、現在は女性も男性と同じように、長い時間靴を履いて仕事をしています。
また、足が特に蒸れやすいブーツがファッションとして流行している事もあり、女性でも水虫を発症するケースが増えているのです。

白癬菌に感染してしまうと、皮膚がジュクジュクとただれる、剥ける、小さい水疱ができる、激しい痒みが出るといった症状に襲われます。
これら水虫のような症状を感じたら、皮膚科を受診しましょう。
もし、白癬菌に感染していた場合は、抗真菌薬で治療を行います。
抗真菌薬は白癬菌の細胞膜を破壊し、再合成を阻止する事で除菌の効果を発揮する薬です。
皮膚に症状が出ているケースでは、抗真菌成分を配合した外用薬で治療します。
外用薬を毎日塗り続け、個人差はあるものの、約3カ月から半年程度で完治するケースが多いようです。

ただ、水虫は皮膚にだけ起こるものではありません。
白癬菌が爪に感染してしまうと、爪水虫となってしまいます。
爪水虫は硬い爪によって、有効成分が浸透できない為、外用薬での治療は不向きです。
内服薬での治療の他に、最近では爪水虫をレーザーで治療するクリニックが増えてきました。
レーザー治療は爪にレーザーを照射し、熱で白癬菌を蒸発させたり殺菌するのが特徴です。
他に薬を飲んでいて内服薬による水虫治療が受けられないという場合、レーザー治療は有効な手段となっています。

エクシブで治らない水虫は抗真菌薬で医師の指示は守る

エクシブはドラッグストアで購入できる、市販の水虫薬です。
特にかかとがカサカサとなる、かかと水虫に効くと言われています。

水虫は白癬菌というカビの1種に、感染する事で発症する皮膚感染症の1つです。
体にカビが生えると聞くと気持ち悪いものですが、白癬菌は皮膚に含まれるタンパク質をエサとする為、角質層に感染します。
明治以前、日本ではほとんど水虫になる人はいなかったそうです。
ですが、現在は5人に1人が水虫経験者というデータがあるくらい、多くの方が感染しています。

水虫の原因となる白癬菌は温度と湿度が、高い場所で活発に活動する性質があります。
現在の室内は冬でも温度と湿度が高くなっている為、白癬菌に感染しやすい環境です。
また、仕事などで長時間靴を履く事が多い為、蒸れによって足が水虫となるケースがほとんどです。

エクシブにはテルビナフィン塩酸塩という、白癬菌を殺菌する作用のある成分が含まれています。
水虫の症状が軽い場合は、エクシブのみで完治も可能です。

しかし、白癬菌が角質層の奥深くにまで、感染が広がっているという場合、市販薬のみでは治す事が難しいようです。
エクシブをはじめとする市販薬でケアしても、なかなか水虫の症状が良くならないという場合、やはり皮膚科で治療を受けましょう。

皮膚科では抗真菌成分を配合した、抗真菌薬での治療が一般的です。
抗真菌薬で治療する事によって、白癬菌を退治できます。
ただし、使用は医師の指示をしっかり守る事が必要です。

指示になければ治らなかったり、水虫がぶり返す恐れがあります。
治療に失敗する方のほとんどが、勝手に治療を止めて症状をぶり返します。最近の抗真菌薬は、治療を初めてからすぐに症状が緩和するので、水虫が治ったと勘違いし勝手に外用薬での治療を止めてしまうケースが多いのです。

効率的に水虫を治すのであれば、指示を守り根気よく治療を続けましょう。

抗真菌の副作用と環境への注意点

老若男女問わず、多くの人が悩まされている水虫は、原因となる菌が皮膚の角質層に寄生することで発生する病気です。そしてその菌が真菌と呼ばれるカビです。水虫は、足の痒みや水ぶくれ、炎症やそれに伴い皮がめくれてくることもあります。症状が重くなると、足の痒みなどによって日常生活に支障が出てくる恐れもあります。また真菌を広げてしまって、他の人にもうつしてしまう可能性があるので、水虫が出てきた際には病院で適切な治療を受けることが必要です。水虫の治療の際に使用されるのが抗真菌です。抗真菌は、真菌を殺菌する作用を持っています。患部に直接、塗布するタイプの薬や、最近では内服薬タイプのものもあります。抗真菌の副作用として、多く報告されているのが皮膚のかぶれです。特にこれは、患部に直接塗布するタイプの薬の場合に多い傾向にあると言われています。また内服薬の場合は、血液中に抗真菌の成分が薬から溶け出して、患部の真菌を攻撃すると言う仕組みが行われます。よって、その過程において胃や腸、肝臓や腎臓に副作用が出てくる場合もあるとされています。たとえば比較的軽度な副作用としては、胃痛や下痢、食欲不振などが挙げられ、もう少し重い副作用になると、胃潰瘍や肝機能、腎機能の低下、またそれらに伴う発熱や悪寒などが挙げられます。抗真菌に頼らずに水虫を治療するのは、難しいことですが、決して不可能なことではありません。そのひとつが、環境に注意すると言うことです。白癬菌は、高温多湿の環境を好み、その環境下においてはあっという間に増殖します。ですから、浴室の足ふきマットや普段から履いている靴などは適宜、減菌処理を行うことが求められます。特に家族内に水虫の人がいる場合は、共同で使用している足ふきマットやタオルについては、一層の注意が求められます。またそれと同時、患部も清潔に保ち、高温多湿を避けることが必要です。

抗真菌薬を塗り続けたら身体に良くない影響はある?

抗真菌薬としてよく連想されるのは塗り薬であり、特に皮膚に発生する真菌感染症などには塗り薬が処方されることが多くなります。
ただ真菌感染症がすぐに治るということはかなり少なく、完治までには数週間から数ヶ月、場合によっては一年単位で薬を使い続けなくてはならないこともあります。
そのため「抗真菌薬を塗り続けてなにか副作用は無いのか」ということを不安に感じる人もそれなりに多いのですが、実際のところ抗真菌薬を塗り続けて体に対して極めて重大な悪影響が出てくる可能性は小さいと言って良いでしょう。
例えば体質が急に変わって薬を使う度に熱が出るようになる、アレルギー発作が起きるようになるというリスクはゼロではありません。
もちろんこれは抗真菌薬に限った話ではありませんし、実際に発生する可能性としては極めて低いのですが、継続使用によってそうした悪影響が出てくる可能性があることは否定できないでしょう。
しかしそれよりも注意しなくてはならないのが「長期使用によって真菌が耐性を持つことがある」ということです。
この耐性菌の発生は抗真菌薬が普及されるのにつれて報告数が増えてきた問題で、簡単に言ってしまえば「その真菌に対して特定の抗真菌薬の効果が無くなってしまう」という問題です。
このリスクも塗り薬の長期使用に限って発生するわけではありませんが、特定の塗り薬を継続的に利用しても改善が無いというような場合、真菌がその薬剤に対して耐性を持ってしまっている可能性があります。
一種類の薬に対して耐性を持つだけであればまだ良いのですが、そのまま状態が悪化していくと最悪現在使える全ての薬に耐性を持つということもあり得ないわけではありません。
こうしたリスクについては薬を処方してもらう医師に確認するようにしましょう。

抗真菌薬はいつまで塗ればいいのか

抗真菌薬を使った治療は非常に長い時間がかかることが多く、その中では「いつまで塗ればよいのだろう」という疑問を感じてしまうこともあります。
いつまで塗ればよいのかということはとても気になることとなるでしょうが、これについては医師が指示している限り塗り続けた方が良いと言えます。
この理由としてはまず第一に、真菌は種類や感染部位によって完治までのペースが異なるからです。
風邪であれば二三日、長くとも一週間ほどあれば大体の場合は完治しますが、真菌感染症の場合はそうした目安がありません。
例えばカンジダによる感染症であれば内服薬を一度飲むだけで対処できる場合もありますが、水虫が悪化して爪にまで感染が広がった爪水虫の場合は3ヶ月以上、状態が悪ければ半年以上の時間が必要になるケースもあります。
そしてもう一つの理由としてさらに重要なのが、真菌症は一見収まったように見えても再発する可能性があるということです。
これもわかりやすく水虫を例にしてみると、水虫は薬を塗ることで一時的に症状が和らぐことがあります。
ですがそれを見て治ったと思い込んで抗真菌薬を塗るのを中止してしまうと、また暫くしてから同じ部位に水虫が出てくることがあります。
これは水虫の原因である白癬菌が皮膚の中にまだ潜んでいたのに、それに気づかず抗真菌薬による治療を中断してしまったことによって起きることです。
一見して治ったように見えても実際は治っていなかったというケースはかなり多く、最悪の場合そこで真菌が薬剤耐性を得てこれまでの薬を塗っても効果が無くなることも考えられるわけですから、勝手に抗真菌薬を塗るのをやめるのは絶対にしてはなりません。
完治したかどうかの判断は医師に任せるようにし、抗真菌薬は事前に指定された期間、必ず使い続けるようにしましょう。